:
トルコ上空を飛ぶ飛行機の中から謎の飛行物体が撮影されたと話題になっている。UFO情報サイト「UFO Sightings Hotspot」が22日付で報じている。

問題の動画が撮影されたのは2018年3月21日のことだった。トルコからアテネへと向かうフライトの途中で、真下はエーゲ海にあたる。旅行中の夫妻が飛行機の機内から撮影した。時間は午後4時半ぐらいで、窓の外には明るい青い空と白い雲が広がっている。

謎の物体は飛行機の右側に現れたという。眼下に広がる白い雲の間に、何やら不自然な影が伸びていた。一見すると飛行機雲のようだが、その動きは明らかに飛行機ではない。謎の物体は煙を後ろに噴出しながら、ゆっくりと垂直方向から水平方向へと向きを変える。そして、すさまじい勢いで飛行機から離れていった。後には謎の物体が残した二筋の黒い飛行雲が残されたが、その雲もやがて消えてしまった。

動画を撮影しYouTubeにアップしたkerry foridesさんはかつてオーストラリア・キャンベラのUFOソサエティの副代表を務めた人物だという。自身が目撃した不思議な物体についても検証し、非常に奇妙な現象だと認めている。

また、Kerryさんの妻が動画を撮る前に撮影した写真も公開されている。写真には黒くて薄い飛行機雲のようなものが映っているが、向きからして飛行機を離れるような方向に飛んでいるように見受けられる。Kerryさんによると、謎の物体は急にUターンして、飛行機のほうに向かってきたのだという。

二分ほどの動画は現在、世界中のUFOマニアの注目を浴びており、「UFO Sightings Hotspot」では「これはUFOかミサイルか?」とコメントを寄せている。
非常によく似た二つの目撃例。トルコとスイス、二つの場所で撮影された謎の物体は果たして同じUFOなのだろうか?

なお、スイスの写真については、夕日に照らされた飛行機雲であるという可能性も提示されている。だが、トルコの画像は飛行機雲説では説明がつかない。

黒い雲をたなびかせ、空を飛んでいたのは一体何者だったのか? 謎の解明が待たれる。

以下ソース
http://tocana.jp/2018/03/post_16397_entry.html

:
黒い煙のロケットは珍しいねえ

:
どんだけうすのろなミサイルだよw
フェイク作るならもう少し頭使えゆとり

:
鳥の群れ

:
映画のメッセージはなかなか考えされられるものがあって良かったよ
これは何だろうねぇ 

:
最近のUFOはディーゼル機関で飛んでるのか

関連記事

  • 関連する記事はありません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

あなたはどう思いましたか?