:
2018年1月9日 4時0分
日本の青木ヶ原樹海に潜入し、自殺遺体を撮影するなどして大ヒンシュクを買った世界トップYouTuberのローガン・ポールさん(22)について「この人の作る動画はハチャメチャなだけで面白くもなんともない」という記事を書かせていただいた。動画投稿で一攫千金を可能にさせるYouTube側のシステムや倫理観を問う声も多々あるなか、記者がもう1つ気になるのは、“~チャレンジ”という名のもと、こうしたサイトを通じて危険な行為が若者の間でブームになることである。イジメの被害者が強要されたり、挑戦した少年少女が重傷を負ったり命を落としたりしているためだ。2014年の夏あたりから世界にも広がった「アイス・バケツ・チャレンジ」を覚えていらっしゃる方は多いと思うが、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究支援を目的という立派な大義名分もイジメとして悪用され、酔った勢いで挑戦して重いバケツが頭に落ちたり、急激な冷えで心臓がおかしくなったなどと救急車が出動する騒ぎも絶えなかったのだ。アイス~がすたれた後も「熱湯いっき飲みチャレンジ」、「ダクトテープチャレンジ」などが流行ったアメリカ。今また新たに…。

米ノースカロライナ州ローワン郡のソールズベリーに暮らすポルシア・ウォーカーさん。やるせない思いでいっぱいだという彼女は先月上旬、幼い息子が挑戦したある愚行とそれを流行らせたYouTubeに対する怒りを地元メディアにぶつけた。少年はロンダリウス・バーンドハート君(7)。YouTubeで今、手の上に火の玉を造る、炎を自由に操ってみる「ファイアー・チャレンジ」なるものが流行っていることを知り、自分たちも動画を投稿してみたいと兄弟でこっそりとそれに挑戦してしまったという。

動画で年長者たちは楽しそうに火や炎を弄んでいるが、ライターと可燃性ガスが入ったエアゾールスプレー缶を接近させて同時に使用することの危険性を7歳児はどこまで理解していたか。手に続いてはシャツでというアイデアに従い、ロンダリウス君はスプレーを自分のシャツに吹き付けてライターで点火。当然ながら悲惨な大やけどを負い、ウェイクフォレスト・バプテスト医療センターに救急搬送された。顔、腕、そして手に負った2~3度の熱傷について今なお治療を受けており、医師からは今後の皮膚移植についても説明を受けている。

ロンダリウス君の大きな叫び声に父親が気づいて何とか彼を助けたが、炎はなかなか消えずシャツを引き裂くしかなかったとのこと。火だるまになってしまった息子の姿に父親も相当のショックを受けているといい、涙を浮かべて「たった3秒間の愚行で息子の人生は狂ってしまいました。本当に可愛い顔をした男の子だったのに。こんな不幸なことが起きないよう、どのご家庭でも十分に気を付けて下さい」と語るポルシアさん。悔やんでも悔やみきれない様子だ。

非常に危険で幼い子供たちが決して真似をしてはならないものも多い「~チャレンジ」と呼ばれる愚行。2016年2月にはシアトルで、当時流行っていた「ダクトテープチャレンジ」で恐ろしい事故が起きた。これは粘着力がとても強いダクトテープで手首、足、体をグルグル巻きにされイスなどに縛られてターゲットが、いかに早くそれを外して逃げ出すかを競うもので、犠牲となったのは14歳の男子中学生。コンクリートに強打した頭は48針縫う重傷で、眼球を窓枠の角に強打して片目を失明していた。

また昨年夏にはフリロダ州で、イトコに「YouTubeで挑戦している人がいる」として煽られた8歳の女の子がとんだ愚行により命を落としている。ストローを使って熱湯を一気に飲むという極めて危険なもので、気管の深刻な熱傷により慢性呼吸不全に陥り、その末の無念の死であった。

大きな事故がたびたび起き、大人や社会が厳しく監視するようになるとその流行はあっという間にすたれる。だがどこに仕掛け人がいるのかまた新たな流行がすぐに生まれるのが現状で、どの学校でもPTAはやっきになってその情報を収集し、対策を練るものである。「こんな愚行が流行るのもSNSや動画共有サイトのせい」「子供が何に興味を示しているのかがよく見えた昔は平和だった」と嘆いてもこの問題は解決できない。学校関係者や当局まかせにせず良識ある大人たちはどんどん問題の動画を通報するべきで、サイト管理者も素早い対応を見せるべきである。そして、有益な動画にのみ評価や収益を与えるようなシステムに改善されることを願わずにはいられない。

http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/14130888/

:
2~3度の火傷って皮膚移植が必要なレベルだろ
変なものが流行ってるな

:
そもそも、子供に火遊びさせるなって話だと思うんだが。
他の危険な事もそうだわね。
大人が止めろよ。

:
いとこはどんな糞ガキなんだ

:
氷水かぶるチャレンジが日本でも流行ってたな
特に有名人が喜んでやってたw

>>7
モノの良し悪し、追従行為の末路を考慮できない輩がただ流行ってだけで手を出すよね
政治家や芸能人の詐欺団体への名義貸しと同じで、影響力を持った活発な阿呆って害悪でしかないな

:
火は熱くないって思う人間が地球上にいるなんて衝撃だわ・・・・

:
本来は危険なことを簡単そうにやってのけるアクロバット的な芸だからなぁ。
見て真似する方が悪いといえば悪いんだが、子供にゃ分からんわな。

「Youtuberだからできるんだ! 子供のお前たちには無理だ。
マネをすれば怪我をする!」とか注意喚起しないと。

:
想像力が無い人間が増えていってるな

:
誰も彼もやってたらすぐネタ切れになるし、あとは何番煎じばっかりだし、商品紹介や金に物を言わせたのは先行者利益があるし。

結局危険なことやエロ、馬鹿げたことしかしなくなるんだよな。

:
テレビ並みの年齢制限と注意喚起しないと真似するガキは止められないだろ

:
火が出てる間、子供が泣き叫んで大人たちは笑っている光景が目に浮かぶ。

引用元:
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1515455046/

コメント

この記事へのコメントはありません。

あなたはどう思いましたか?